Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/tonakai3/interestnews.net/public_html/wp-content/plugins/all-in-one-seo-pack/modules/aioseop_opengraph.php on line 844
ゴルフのスタンスは重要!3つの形と特性を紹介します! | ゴルフ初心者が確実に上手くなる極意

ゴルフのスタンスは重要!3つの形と特性を紹介します!

ゴルフの基本

ゴルフにおいてアドレスのスタンスは重要です!

なぜなら、スタンスの取り方によって打球の方向性が決まるからです。

 

管理人の中村
管理人の中村

スタンスには3つの構えがありますが、初心者さんにマスターしたいのが、スクエアスタンスですね。

他にも、オープンスタンス、クローズスタンスがあり、その使い分けは後で説明しますが、とりあえずスクエアスタンスが基本なので、スクエアスタンスで安定したショットが打てるようになってから、打ちたい球すじによって使い分けるのが良いかと思います。

 

ということで、まずはスクエアスタンスからみてきましょう。

スクエアスタンスの形を解説!

目標とボールを結んだ目標線に対して、両足を平行にして立つのがスクエアスタンスです。

一般的には、両足のつま先を結んだラインでスタンスの向きを確認しますが、左足のつま先は少し左に開いて立つので、真っすぐ立ってるつもりでも、ややオープンに見えることがあります。

 

スタンスの幅とつま先の向きはこれが正解です!

 

スタンスの方向が合ってるかを確認するには、両足のカカトを結んだラインでチェックするようにすれば、間違いないです。

ボールにアドレスしたところで、自分が本当にスクエアに真っすぐ立っているのかわからない時は、両足に合わせてクラブを一本地面に寝かせてみましょう。

 

両足のカカトのラインにクラブを置いてから、アドレスして一旦ボールの後ろから確認します。果たして自分の打とうとしていた方向と地面のクラブが合っているか?

 

管理人の中村
管理人の中村

地面のクラブが目標を指していれば、正しいスクエアスタンスがとれてるということになります。

 

ここで方向がズレていれば、たとえ安定したスイングでボールを打っても、真っすぐ違う方向に飛んでいくので、このスタンスは極めて重要です。私が初心者のころは毎回確認してました。

 

では次に、別のスタンスについてもみていきましょう。

フェードを打ちたいならオープンスタンスの形

目標線に対して平行にしないで、左足を後ろに引いたのがオープンスタンス。

このスタンスと通りにクラブを振れば、スライスになります。オープンスタンスは右に曲がりやすくなるのです。その理由は、スイングの軌道が変化するからです。

 

オープンスタンスでは、ヘッドの軌道が外から内へとなり、ボールに右回転を与えます。アウトサイドインでカット打ちとなりスライスになるというわけですね。

 

スライスが出たらアカンやん!

ということなんですが、

 

基本的なスイングが出来ている上級者であれば、オープンスタンスでフェードボールを打つことができます!

フェードボールを打つ方法は以下の記事に書いてます。

フェードボールの打ち方を超わかりやすく解説!3つのポイントを守るだけ!

ドローを打ちたいならクローズスタンスの形

目標に対して平行にしないで、右足を引いたのがクローズスタンス。

このスタンスの向き通りにクラブを振れば、フックの球すじになります。クローズスタンスは左へ曲がりやすくなるのです。クラブがインサイドアウトの軌道なので、ボールの外側を打つので、左に曲がっていきます。

 

この理屈は、野球の変化球に似ており、カーブを投げるときみたいに左にひねって投げた球は、左に曲がるのです。

 

フック出たらアカンやん!

ということですが、上級者が上手く打てばドローボールが打てるのがクローズスタンスなのです。そして、ドローボールを打つ方法は以下の記事に書いてます。

ドローボールの打ち方!たった2つのポイントをおさえるだけです!

 

ということで、まとめます。

 

管理人の中村
管理人の中村

ゴルフ初心者は基本であるスクエアスタンスをマスターすること

毎回、構えた時につま先にクラブを当てがって、その方向が目標を向いているかを確認しましょう。そして真っ直ぐ飛ばすことができるようになることです。

 

スイングの基礎が出来て、中・上級者になった時にはじめてスタンスを変えます。状況によって打ち分けたいときに、オープンスタンスとクローズスタンスを使い分けること。

 

スタンスは重要なので、まずは基本から覚えましょう。

 

↓こちらも参考になります↓

 

では、レッツ!ゴルフ!