ゴルフで90を切るために必要なたった2つの条件とは?

ゴルフの練習方法

ゴルフで90を切るために必要なたった2つの条件とはなんでしょうか?

 

 

ゴルフで90を切るというのは、アマチュアゴルファーにとってひとつの大きな目標だと思います。

 

ただそれを実現するのは難しいと考える人は多いのも事実。

 

かくいう僕も90を切るのに途方もない時間を要しましたし、簡単なことではないと思っています。

 

でも、冷静に考えて90切りというのはそれほど難しいことなのでしょうか?

 

90を切るための条件は、

 

18ホール全てがボギーで90というスコアになる

 

ということ。

 

つまり、90を下回るためにはボギーペースで回りつつ、1つパーを取れば89で90切り達成です。

 

1つダボを打ったらパーを2つ取る

 

2つダボを打ったらパーを3つ取る

 

そのあたりが目安になるでしょう。

 

要は、

 

楽にボギーを取ることができるようになればよい

 

ということです。

 

僕が90切り出来たポイントは2つあると思っていて、

 

①ダブルボギー以上を叩かないこと

 

そして、

 

②2パット以上しないこと

 

そう考えれば、ショットの精度はそれほど高くなくともいいわけです。

 

例えば、パー4を確実に3打でグリーンに乗せればいいわけですから。

 

ドライバーの飛距離は平均200ヤードあれば十分ですし、パーオン率も3割あれば十分だということです。

 

ティーショットでの左右の曲がり幅も、フェアウェイからライの幅に収まれば十分です。

 

また、5番、6番アイアンなどの難しいクラブは無理に使わずに、ユーティリティを使ったり、8番以下のクラブの精度を高めていくことで90切りは実現可能です。

 

そして、

 

短いクラブで自信をつけることが大事

 

なのです。

 

 

90を切るのが目的ならば、大して飛ばす必要もないですし、多少曲がっても大丈夫です。

 

ドライバーを「マン振りしてグリーン近くまで一気に近づけてやる!」という考えをなくせばスコア90切りの可能性はグッと高くなります。

 

長いアイアンなどは「打てなくてもよし」とすることで、80台というスコアがそれほど難しくないと気づくはずです。

 

ただし、90切りを果たすためには、

 

ダブルボギー以上を叩かないこと

 

2パット以上しないこと

 

この2つは必須となります。

 

アプローチとパターでミスらないことは必須

 

90を切るために大きいクラブでの精度の高いショットは必要ないですが、スコア90台から80台にいくために、アプローチとパターの練習は行いました。

 

アプローチでミスる最大の要因は軸が左右にブレること

 

です。

 

なんで左右にブレるかっていうと、傾斜があるからなのですが、この注意して体がグラつかないようにショットするのがポイントです。

 

特にアプローチでは、一回ミスると何度も続けてミスりがちです。

 

90を切るためには少ないストロークでしっかり寄せることが必須。

 

左足を主軸にして、バックスイングで体重が右足側に移動しないようにするのは基本ですね。

 

 

バランスが右側に移動してしまうとダフりやトップの原因になるからです。

 

それに、アドレスでの手首の角度も変わらないように打つことも重要です。

 

これは練習で身につけるしかありません。

 

アプローチの練習をがっつり行っえばコースでも自信を持って打てるようになります。

 

・ロングショットはそこそこ自信があるのに、グリーン周りのアプローチがいつまでたっても苦手

 

・2打でグリーン周りにボールを運べるけどそこからが大変

 

・弱点はアプローチだとわかっているけど、どう練習していけばいいのか全くわからない

 

僕はかつて上記のような悩みを抱えていましたが、その悩みを一掃できる練習方法を見つけて90切りを果たしました。

 

↓↓↓

僕がアプローチに自信が持てるようになったゴルフ教材はこちら

 

また、アプローチだけでなく90を切るためにはパッティングも必須です。

 

90切りのカギを握るのはパッティング

 

パットイズマネーとはよく言ったものですね。

 

絶対にダブルボギーをしない事を実現するためには、2パット以上打たないことです。

 

そのためには、パターは、

 

1打目でのカップインは一切考えず、必ず次の1パットでしとめられる位置に寄せること!

 

これを心掛けてボギーで良しという考えのもとパッティングすることで、僕は90台を卒業することができました。

 

2パット以上打たないというのはやってみると相当難しいです。

 

パットに型なし

 

と言われますが、ある程度『確信を持てる型』を身につけることは必須だと思います。

 

この確信を持てる型について、僕はパッティングだけに特化したゴルフ教材を見て勉強し、練習したことで身につけました。

 

パッティングってネット情報や書籍でもパッティングだけに特化したものは少なく、映像で教えている教材は皆無なんですよね(T_T)

 

そんな中で、パッティングについて映像と文字で解説しているゴルフ教材は僕に『パットストローク数30以下』という技術をもたらしてくれました。

 

↓↓↓

僕がパットストローク数30以下になったゴルフ教材はこちら

 

ぶっちゃけた話、アプローチとパッティング技術を身につけたとき、僕が5年かかって達成した90切りを、たった1年で手に入れられるかもしれません。

 

90どころか80も切れる可能性だって秘めています。

 

あなたはパープレーで回るゴルファーと比べても遜色なくなるっていることでしょう。