Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/tonakai3/interestnews.net/public_html/wp-content/plugins/all-in-one-seo-pack/modules/aioseop_opengraph.php on line 844
アイアンでシャンクする原因はコレだ!直す方法も紹介します! | ゴルフ初心者が確実に上手くなる極意

アイアンでシャンクする原因はコレだ!直す方法も紹介します!

ダフリの原因と直し方

アイアンで頻繁に起こるシャンク。

 

 

僕はラウンド前半はちゃんと打てていたのに、後半から突然シャンク病が発症することがよくありました。

 

一旦始まるとなかなか直らないので、シャンク病はやっかいな病気です(笑)

 

自分なりにシャンクの原因を探って、試行錯誤で矯正したので今ではシャンクが出ることはほぼなくなりました。

 

シャンクを直すには、原因を知ることが大事

 

です。

 

「敵を知り己を知れば100戦あやうからず」と孫氏も言ってますからね。

 

ってことで、この記事ではシャンクの原因とその解決法を書いていきます

 

シャンク病の発症理由とは

 

シャンクは、捻転をし過ぎてスエーしたり、テークバックでインサイドに引き過ぎたり、ダウンブローで打とうとしすぎたり、ラウンド後半で疲れて来たときになります。

 

と、シャンクの原因は色々ありますが、結果として共通しているのが、

 

手打ちとアウトサイドイン軌道という2つが原因です!

 

ボールに当てに行くと、いわゆる手打ちになるとヘッドが返らないのでシャンクします。

 

これは左足下がりの傾斜でよくなります。

 

ゴルフの左足下がり傾斜の打ち方!もうダフりません!

 

手打ちも重複するのですが、一番多いのはアウトサイドインの軌道が原因のシャンクです。

 

アウトサイドインの軌道でクラブが構えたボールの位置より前を通ると、当然ヘッドのヒールや、なんならホーゼルに当たります。

 

とにかく、インパクトでヘッドがボールより前に出てるからです。

 

 

これは当たり前ですが。

 

で、なんでボールより前にでるのかというと、

 

アウトサイドインの軌道で振ってるから

 

ということになります。

 

では、アウトサイドインはどうすれば直るのか?

 

対策方法を書いていきますよー!

 

アウトサイドインを直す方法

 

アウトサイドインを、シャンクを直すには正しい軌道であるインサイドインの軌道で振らなくてはいけません。

 

インサイドインの軌道で振ると、ボールをスクエアにとらえることができます。

 

ダウンスイングでヘッドを内側から下ろして来ることシャンクは直ります。

 

よって、

 

アウトサイドイン軌道をインサイドイン軌道に修正することが必要

 

となります。

 

 

では、インサイドインで振るにはどうすればいいのか?

 

それは、

 

トップからの切り返しでタメを作ること

 

です。

 

タメを作ることで、インサイドインの軌道でスイングできるので、シャンクは直ります(^^)v

 

インサイドインの軌道でスイングする方法は、以下の記事に書いてます。

 

インサイドインで強制的に振り下ろす3つのコツ!

 

インサイドインで振るということは、シャフトプレーンに沿って振る意識を持つことです。

 

正しいシャフトプレーンでスイングする超簡単な方法

 

これでシャンクはなくなります。

 

トップからの切り返しでは、下半身主導が絶対条件

 

です。

 

手元や腕の力だけで合わせに行く手打ちでは、アウトサイドインは直りませんが、下半身から切り返していくことで、自然とヘッドは内側から落ちてきてインパクトでフェースも返ります。

 

上から鋭角に打ち込もうとするとヘッドは返りにくくなります。

 

切り返しのタイミングで気をつけるべきポイントは、

 

腕や手元はトップ位置のままでキープしつつ、腰をアドレスの位置に戻すこと

 

これだけです。

 

 

たった、これだけでOK!

 

ブン回してやろうと、思いっきり腰を切ると、打ち気が勝って無意識のうちに上半身が先に回ってしまいますし、体の軸がブレてシャンク以外のミスが起こります。

 

脇が開かないように右ヒジを内側に締めてバックスイングし、切り返しでタメを作り、足腰の位置をアドレスの状態に戻すだけ。

 

これでシャンクは直ります(^^)v

 

シャンク病に効く練習方法を紹介します!

 

最後にシャンクを直すのに有効な練習方法をひとつ。

 

打つボールの外側にもう一つボールを置きます。

 

ボールを2つ並べます。

 

そして、自分から見て遠い方のボールにヘッドのトゥを当てずに、自分に近い方のボールを打ちます。

 

 

ヘッドのトゥ側で打つ感覚でクラブを振ってボールを打ちます。

 

もし、このボールをヒール側で打ってしまうと、遠い方のボールにヘッドのトゥが当たってしまいます。

 

なので、遠い方のボールに当たらないように打つ練習をします。

 

2つのボールの間隔は、ヒール側で打つと遠い方のボールにヘッドのトゥが当たるぐらいの間隔でボールをセットします。

 

ちなみに、自分から遠い方のボールには、代わりにペットボトルとか、空き缶などでも大丈夫です。

 

遠くの方に当てないように打つには、インサイドインで振らないといけないので、自然にアウトサイドインが矯正されていくというわけです。

 

お試しくださいませ(^^)v