Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/tonakai3/interestnews.net/public_html/wp-content/plugins/all-in-one-seo-pack/modules/aioseop_opengraph.php on line 844
ユーティリティの打ち方!初心者が上手くなるコツ教えます! | ゴルフ初心者が確実に上手くなる極意

ユーティリティの打ち方!初心者が上手くなるコツ教えます!

ゴルフの基本

ゴルフ初心者さん向けにユーティリティの打ち方をご紹介します。

 

 

ユーティリティって便利なクラブなのに意外と難しいといわれる方もいます。

 

でも、難しいからといって使わないのは勿体ねえ話でござんすよ。

 

ユーティリティを打ちこなすことができれば、パー4、パー5のセカンドショットでバシッと打てるお助けクラブでもあります。

 

今や、パーを狙うため、いやバーディーを狙うには欠かせないクラブといって過言ではありません。

 

しかも、どんなライからでも打つことができるので、ゴルファーの救世主といってもいいんじゃないでしょうか。

 

とはいえ、

 

ウッドは横振り、アイアンは縦振り、じゃあユーティリティは?

 

と、どう振ればいいか迷ってしまいますよね。

 

ユーティリティの打ち方!このクラブが最強の武器になる!

 

ってことで、この記事では、ユーティリティの打ち方で、ココさえマスターしておけば大丈夫だというコツ、ポイントを2つ書いていきます。

 

ユーティリティの打ち方で重要なポイントとなるのが、

 

①体の使い方

 

②切り返し

 

この2つです。

 

ってことで、次から詳しく解説していきます。

 

では、続きを御覧くださいませ。

 

ユーティリティは体を使って打つべし!

 

 

まず、ユーティリティは体を使って打つのが基本です。

 

そこで、

 

手先で振るのではなく、肩を回すことが大事!

 

なのです。

 

僕の感覚では、

 

太い筒の中で回ってるイメージ

 

ですね。

 

 

まずはこれを頭に置いておきましょう。

 

それを踏まえた上で、覚えるべきポイントは3つあります。

 

①テークバックで胸を右に向ける

 

肩の回転を意識するのが難しい人は、胸を回すイメージを持って体を回してみましょう。バックスイングでクラブを上げていく際に、胸を飛球線後方に向けるだけで、自動的に肩や腰も回り、捻転のあるトップをつくることができます。

 

腕の力に頼ってバックスイングするのは完全にNGです。捻転のないトップになりダウンスイング以降でも手を使ってクラブを振ることになり、ダフりやトップ、スライスなどのミスショットの原因となります。

 

②トップでは左肩をアゴの下に入れる

 

トップで左肩がアゴの下に収まれば、しっかり捻転ができてる証拠です。逆に手先だけで上げちゃうと、肩が回らなくなるのでご注意ください。ちなみにダウンスイングからフォロースルーにかけても、体を回す意識を持つことが重要です。

 

③トップでは右股関節に体重を乗せる

 

腰や肩をしかり回してバックスイングすれば、右股関節の上に体重が乗ったトップをつくることができます。手先だけでクラブを上げると上半身が回転しないし右股関節に体重が乗りません。

 

体を使って回るイメージを持つコツがあります。

 

それは、

 

クラブを重い物だとイメージしてスイングする感覚をもつこと

 

です。

 

重い物を持ち上げて、体をねじろうとすれば、手だけでは動かせませんよね?

 

なので、重い物を持ち上げる意識をもてば体でしっかりクラブを上げてねじることができるようになります。

 

フェアウェイウッドが打てないあなた必見!コツを書いてきます!

 

イメージするだけなので、騙されたと思って一度お試しください。

 

ユーティリティは切り返しが重要!

 

バックスイングでしっかり捻転をつくったら、次に重要となるのが切り返しです。

 

ゴルフのダウンスイングにおいて、下半身リードで動かすことは必須です。

 

「ダウンスイングは下半身リードで行う」ということを、当ブログで僕は口が酸っぱくなるほど言ってますが、初心者さんはどうしても上半身が先に動いてしまいます。

 

じゃあどうすれば下半身主導でダウンスイングができるのかというと、前項で書いた、

 

バックスイング→トップでしっかり捻転をつくること

 

そして、

 

切り返しで左足をグッと踏み込んで始動すること

 

です。

 

 

切り返しで左足を踏み込むことにより、下半身から動くキッカケを作れます。

 

そして、バックスイングで上半身をしっかりねじるからこそ、下半身始動で振れるようになります。

 

逆に、どうしても上半身リードで打ちにいっちゃうという人は、バックスイングからトップで捻転をつくれていないということになります。

 

つまり、バックスイング→トップでしっかり捻転をつくることが、下半身主導のダウンスイングにつながるってわですな。

 

亀田とKOはセットやぁ!

 

 

のごとく、

 

バックスイングとダウンスイングはセットやぁ!

 

なのです。

 

ここで、更に切り返しが上手くできるコツを書くと、

 

トップで1秒停止する意識をもつこと

 

これが大事です。

 

トップで1秒間止まるとトップから切り返しにかけてタイムラグが生まれるので、上半身だけで突っ込むことがなくなります。

 

 

打ち急ぎも防げるので安定したスイングリズムで打つことができます。

 

つまるところ、

 

バックスイングで捻転をつくる→トップで1秒停止する→左足を踏み込む

 

この動きさえ習得できれば、あとはオートマチックにフィニッシュまで振り切れます。

 

これで、ユーティリティの打ち方はバッチリ(^^)v

 

ユーティリティーが飛ばない2つの原因と対策法を伝授!

 

上手く打てない、苦手意識があるという人は、早速ここで書いたことを実践してみてください。

 

参考になれば幸いです。